UPCOMING

感染症予防対策の観点から、事前予約制をとらせていただきます。
またギャラリーでは検温とアルコール消毒のご協力をお願いしております。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。


Link :予約フォーム
※外部サイト「ArtSticker イベントページ」へ移動します。


Link :PRESS RELEASE


〈特記事項〉
・出品作品は、ユニーク作品(1点もの)・エデイション作品がございます。
 詳しい出品作品ついてのお問い合わせは、下記メールアドレスからご連絡ください。
 zjc_ricoh-art-gallery@jp.ricoh.com
 数に限りのある作品につきましては、既に成約済の場合がございます。あらかじめご了承ください。

・展覧会初日は会場混雑が予想されます。新型コロナウイルス感染拡大予防の観点から、ArtStickerでご予約をいただいた方のご入場を優先させていただきます。
 各時間帯には入場定員数の限りがございます。定員数を満たしている場合は、ご予約が無い方のご入場をお断りさせていただく場合がございます。
 
・ArtStickerでご予約いただいた方も、会場の状況によっては、安全にご鑑賞いただくために整理券を配布し、入場を制限する場合がございます。
感染症予防対策の観点から、事前予約制をとらせていただきます。
またギャラリーでは検温とアルコール消毒のご協力をお願いしております。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。


Link :予約フォーム
※外部サイト「ArtSticker イベントページ」へ移動します。


Link :PRESS RELEASE


〈特記事項〉
・出品作品は、ユニーク作品(1点もの)・エデイション作品がございます。
 詳しい出品作品ついてのお問い合わせは、下記メールアドレスからご連絡ください。
 zjc_ricoh-art-gallery@jp.ricoh.com
 数に限りのある作品につきましては、既に成約済の場合がございます。あらかじめご了承ください。

・展覧会初日は会場混雑が予想されます。新型コロナウイルス感染拡大予防の観点から、ArtStickerでご予約をいただいた方のご入場を優先させていただきます。
 各時間帯には入場定員数の限りがございます。定員数を満たしている場合は、ご予約が無い方のご入場をお断りさせていただく場合がございます。
 
・ArtStickerでご予約いただいた方も、会場の状況によっては、安全にご鑑賞いただくために整理券を配布し、入場を制限する場合がございます。
この度、リコーアートギャラリーではJUN INAGAWAの個展「MAD MAGICAL ORCHESTRA」
を開催いたします。
JUN INAGAWAは、“アニメ”や“オタク”カルチャーとストリートカルチャーや音楽、サブカルチャーを元に独自の世界観に基づき描いています。「パルコ PARCO」をはじめ、「パラダイスParadis3」や「MEDICOM TOY(メディコムトイ)」「銀杏BOYZ」などとのコラボレーションでも注目を集めてきたINAGAWAは、オリジナルアニメ『魔法少女マジ カルデストロイヤーズ』(アニメーション制作:バイブリーアニメーションスタジオ)において原案を担当します。本展では、INAGAWA の生み出したキャラクターやモチーフ など作家が志向する世界をリコーの「StareReap」 で表現した、ユニーク作品・エデイション作品を含む20点もの新作を発表いたします。
この度、リコーアートギャラリーではJUN INAGAWAの個展「MAD MAGICAL ORCHESTRA」
を開催いたします。
JUN INAGAWAは、“アニメ”や“オタク”カルチャーとストリートカルチャーや音楽、サブカルチャーを元に独自の世界観に基づき描いています。「パルコ PARCO」をはじめ、「パラダイスParadis3」や「MEDICOM TOY(メディコムトイ)」「銀杏BOYZ」などとのコラボレーションでも注目を集めてきたINAGAWAは、オリジナルアニメ『魔法少女マジ カルデストロイヤーズ』(アニメーション制作:バイブリーアニメーションスタジオ)において原案を担当します。本展では、INAGAWA の生み出したキャラクターやモチーフ など作家が志向する世界をリコーの「StareReap」 で表現した、ユニーク作品・エデイション作品を含む20点もの新作を発表いたします。
JUN INAGAWAは 1999年生まれ、中学卒業以降アメリカで生活するなか、2016年からイラストを描き始めSNSで発表してきました。
日本で美少女アニメや少年マンガの洗礼を受け、アメリカで音楽やスケートカルチャー、テクノなどサブカルチャーを中心にストリートの文化を身近に感じてきた INAGAWAは、それらを同時に自分の世界観として描くことに何の躊躇もありませんでした。作品はSNSを通じて徐々に注目され始め、エイサップ・バリ(A$AP Bari)からまかされた「ヴィーロン(VLONE)」のポップアップの壁画の仕事は大きな転機となりました。以降、国内外でコラボレーションや個展を重ねてきました。
JUN INAGAWAは 1999年生まれ、中学卒業以降アメリカで生活するなか、2016年からイラストを描き始めSNSで発表してきました。
日本で美少女アニメや少年マンガの洗礼を受け、アメリカで音楽やスケートカルチャー、テクノなどサブカルチャーを中心にストリートの文化を身近に感じてきた INAGAWAは、それらを同時に自分の世界観として描くことに何の躊躇もありませんでした。作品はSNSを通じて徐々に注目され始め、エイサップ・バリ(A$AP Bari)からまかされた「ヴィーロン(VLONE)」のポップアップの壁画の仕事は大きな転機となりました。以降、国内外でコラボレーションや個展を重ねてきました。
僕はただ、見ているだけで音楽が聴こえてくるものを描きたいと思っていて、音楽からキャラクターデザインや構図に取り込んでいきます。
で、描いていくうちにいらないものが見えてくる。 次にいらない線を消していってシンプルにしていくんです。
それって生きてゆく上ですごく大事なことでもありますし。 ーJUN INAGAWA
(「展覧会ステートメント」より抜粋:全文はプレスリリースをご覧ください)
僕はただ、見ているだけで音楽が聴こえてくるものを描きたいと思っていて、音楽からキャラクターデザインや構図に取り込んでいきます。
で、描いていくうちにいらないものが見えてくる。 次にいらない線を消していってシンプルにしていくんです。
それって生きてゆく上ですごく大事なことでもありますし。 ーJUN INAGAWA
(「展覧会ステートメント」より抜粋:全文はプレスリリースをご覧ください)
現在進行中!

『魔法少女マジカルデストロイヤーズ』オリジナルアニメプロジェクト
原案:JUN INAGAWA
アニメーション制作:バイブリーアニメーションスタジオ

Link :公式サイト
現在進行中!

『魔法少女マジカルデストロイヤーズ』オリジナルアニメプロジェクト
原案:JUN INAGAWA
アニメーション制作:バイブリーアニメーションスタジオ

Link :公式サイト
JUN INAGAWA原案によるオリジナルアニメーション作品『魔法少女マジカルデストロイヤーズ』の制作が現在進行しています。作品の舞台は2011年の秋葉原。オタクヒーローと魔法少女アナーキーが登場する物語です。ブランドとのコラボレーションや個展で注目を集めてきたアーティストJUN INAGAWAが、初めてかかわるアニメーションプロジェクト。INAGAWAがこれまで発表してきたアート作品のコンセプトをベースに、新たなオリジナルアニメとして制作されます。
アニメーション制作はTVアニメ「五等分の花嫁∬」などを手掛けるバイブリーアニメーションスタジオ。鮮烈な赤が印象的なファーストビジュアル(右)には、メインキャラクターの“魔法少女アナーキー”と気になる2人の少女のシルエットが描かれています。なお、本作はこのたびTVアニメとして制作されることが決定しました。
JUN INAGAWA原案によるオリジナルアニメーション作品『魔法少女マジカルデストロイヤーズ』の制作が現在進行しています。作品の舞台は2011年の秋葉原。オタクヒーローと魔法少女アナーキーが登場する物語です。ブランドとのコラボレーションや個展で注目を集めてきたアーティストJUN INAGAWAが、初めてかかわるアニメーションプロジェクト。INAGAWAがこれまで発表してきたアート作品のコンセプトをベースに、新たなオリジナルアニメとして制作されます。
アニメーション制作はTVアニメ「五等分の花嫁∬」などを手掛けるバイブリーアニメーションスタジオ。鮮烈な赤が印象的なファーストビジュアル(右)には、メインキャラクターの“魔法少女アナーキー”と気になる2人の少女のシルエットが描かれています。なお、本作はこのたびTVアニメとして制作されることが決定しました。