CURRENT

RICOH ART GALLERYでは、東城信之介、松田ハル、リュウ・イカによる3人展「積層」を開催いたします。RICOH ART GALLERYが銀座のスペースでの活動をする機会は、本展を含めてあと2つの展覧会を残すのみとなりました。

「積層」とはこのリコーの印刷のエッセンスを端的に表した言葉であるといえます。StareReapの技術の根幹は、髪の毛1本程度の厚みのプリント層を繰り返し重ね、数ミリまで積み上げていくことにあるといえるでしょう。UVインクジェットプリントの特性上、レイヤードされているイメージとの相性はとても良く、本展に出品する3人の作家はそれぞれの手法でStareReapの可能性を追求しています。



東城信之介は2019年のVOCA展で最高賞となるVOCA賞受賞後、精力的に活動を広げています。普段の制作では、鋼や銅を酸化させた板に研削を加えて、メタリックかつイリュージョニスティックな画面を創出しています。本展では、アクリルに透明印刷をした支持体の上に、ペイントや加工を施したユニークピースを制作しました。プリントをあくまで素材として捉え、物質と絵画の両軸からStareReapを解釈しています。

RICOH ART GALLERYでは、東城信之介、松田ハル、リュウ・イカによる3人展「積層」を開催いたします。RICOH ART GALLERYが銀座のスペースでの活動をする機会は、本展を含めてあと2つの展覧会を残すのみとなりました。

「積層」とはこのリコーの印刷のエッセンスを端的に表した言葉であるといえます。StareReapの技術の根幹は、髪の毛1本程度の厚みのプリント層を繰り返し重ね、数ミリまで積み上げていくことにあるといえるでしょう。UVインクジェットプリントの特性上、レイヤードされているイメージとの相性はとても良く、本展に出品する3人の作家はそれぞれの手法でStareReapの可能性を追求しています。



東城信之介は2019年のVOCA展で最高賞となるVOCA賞受賞後、精力的に活動を広げています。普段の制作では、鋼や銅を酸化させた板に研削を加えて、メタリックかつイリュージョニスティックな画面を創出しています。本展では、アクリルに透明印刷をした支持体の上に、ペイントや加工を施したユニークピースを制作しました。プリントをあくまで素材として捉え、物質と絵画の両軸からStareReapを解釈しています。

松田ハルは京都芸術大学大学院に在学中の新進作家です。空間の複製物であるVRと、絵画の複製である版画を組み合わせ、高解像の仮想空間とは一線を画す抽象的なイメージの断片で構成されたランドスケープを表現しています。これまではシルクスクリーンの技法をベースに制作をしてきましたが、今回はデジタルの作品データをそのままプリントまで直結できるStareReapの特性を活かした大作を発表いたします。
松田ハルは京都芸術大学大学院に在学中の新進作家です。空間の複製物であるVRと、絵画の複製である版画を組み合わせ、高解像の仮想空間とは一線を画す抽象的なイメージの断片で構成されたランドスケープを表現しています。これまではシルクスクリーンの技法をベースに制作をしてきましたが、今回はデジタルの作品データをそのままプリントまで直結できるStareReapの特性を活かした大作を発表いたします。
リュウ・イカは中国・内モンゴル自治区出身の写真家です。今夏はラグジュアリーブランド「LOEWE(ロエベ)」の秋冬メンズキャンペーンで北野武氏らを撮影したビジュアルが大きな話題となりました。来年のVOCA展にも選出されており、注目が集まっているタイミングでの待望のグループ展参加となりました。リュウが強い関心を持っている母性や肉体性、魂といったテーマの連作を発表いたします。

絵画、デジタル、写真といったメディアとStareReapのテクノロジーがどのように拮抗し、新しい表現を生み出していくのか―
これまでの作品制作に囚われない、作家たちの挑戦を是非ともご高覧ください。
リュウ・イカは中国・内モンゴル自治区出身の写真家です。今夏はラグジュアリーブランド「LOEWE(ロエベ)」の秋冬メンズキャンペーンで北野武氏らを撮影したビジュアルが大きな話題となりました。来年のVOCA展にも選出されており、注目が集まっているタイミングでの待望のグループ展参加となりました。リュウが強い関心を持っている母性や肉体性、魂といったテーマの連作を発表いたします。

絵画、デジタル、写真といったメディアとStareReapのテクノロジーがどのように拮抗し、新しい表現を生み出していくのか―
これまでの作品制作に囚われない、作家たちの挑戦を是非ともご高覧ください。