CURRENT

インド農村部アーティスト支援プログラム~インド農村部在住の女性アーティストの収入向上と生活改善を目指して~

インド農村部アーティスト支援プログラム~インド農村部在住の女性アーティストの収入向上と生活改善を目指して~

インド北東部に位置するビハール州はインド内で最も貧しい州と言われており、深刻な貧困状態にあります。
ビハール州のマドバニ地区で制作されるマドバニ絵画は、伝統的に女性によって描かれ、土産物として販売されています。しかしながら、デザインや技術のスキル、販売ルート獲得に必要な知識の不足により、充分な収入が得られず、生計を立てることが難しい状況に陥っています。
インド北東部に位置するビハール州はインド内で最も貧しい州と言われており、深刻な貧困状態にあります。
ビハール州のマドバニ地区で制作されるマドバニ絵画は、伝統的に女性によって描かれ、土産物として販売されています。しかしながら、デザインや技術のスキル、販売ルート獲得に必要な知識の不足により、充分な収入が得られず、生計を立てることが難しい状況に陥っています。
本プログラムは、インドの社会企業/NGOであるDRISHTEE(ドリスティ)と連携し、インド農村部在住の女性アーティストを対象に、 4か月間に渡ってアートスキル向上とデジタルスキル習得のためのトレーニングを提供し、アーティストが技術を身につけ、収入向上や生活向上につながるよう支援しています。

本プログラムを通して、リコーはSDGsが目指す”誰も取り残されない社会の実現”に向けて、デジタル技術を用いて格差解消に貢献します。
本プログラムは、インドの社会企業/NGOであるDRISHTEE(ドリスティ)と連携し、インド農村部在住の女性アーティストを対象に、 4か月間に渡ってアートスキル向上とデジタルスキル習得のためのトレーニングを提供し、アーティストが技術を身につけ、収入向上や生活向上につながるよう支援しています。

本プログラムを通して、リコーはSDGsが目指す”誰も取り残されない社会の実現”に向けて、デジタル技術を用いて格差解消に貢献します。
*DRISHTEE (NGO): インド農村部の収入創出を、スキルトレーニングやバリューチェーン構築により実現する社会企業/NGO。リコーとは2010年以降、BOPプロジェクトなどで連携。
*プログラム活動期間: 2021年1月初旬~6月初旬 
(COVID-19のため途中対面授業は停止し、オンライン授業を実施)
基礎クラス:90時間 アドバンスクラス:270時間

当作品展では、トレーニングを受講したアーティストの作品を展示しています。
一部の作品は、リコーの技術Stare Reapとの共創により2.5Dプリントが施され、
マドバニ絵画の魅力を一層際立たせています。
*DRISHTEE (NGO): インド農村部の収入創出を、スキルトレーニングやバリューチェーン構築により実現する社会企業/NGO。リコーとは2010年以降、BOPプロジェクトなどで連携。
*プログラム活動期間: 2021年1月初旬~6月初旬 
(COVID-19のため途中対面授業は停止し、オンライン授業を実施)
基礎クラス:90時間 アドバンスクラス:270時間

当作品展では、トレーニングを受講したアーティストの作品を展示しています。
一部の作品は、リコーの技術Stare Reapとの共創により2.5Dプリントが施され、
マドバニ絵画の魅力を一層際立たせています。
※外部サイトのぺージへ移動します。

LINK | RICOHオフィシャルサイト「インド農村部アーティスト支援プログラム」

LINK | StareReap

LINK | Drishtee Foundation
※外部サイトのぺージへ移動します。

LINK | RICOHオフィシャルサイト「インド農村部アーティスト支援プログラム」

LINK | StareReap

LINK | Drishtee Foundation